栄養素

オルニチンとは?二日酔いの解消だけじゃなかった!?

投稿日:

しじみ

今回はオルニチンについて書いていきます。

二日酔いにはオルニチンが良いというのは
耳にしたことがある方が
多いのではないでしょうか?

オルニチンには様々な効果があります。

もちろんダイエットやボディメイクにも
効果を発揮してくれます。

ではオルニチンとは何か?
またオルニチンの効果などを見ていきましょう。

オルニチンとは?

疑問
オルニチンとはアミノ酸の一種になります。
オルニチンは主に肝臓の働きを保っています。

また血液中にも放出されており
体中をめぐっています。

アミノ酸の多くはたんぱく質と
結びついていますがこのオルニチンは
たんぱく質と結合しない
遊離アミノ酸になります。

 

オルニチンの働き

オルニチンには様々な働きがあります。
それらを見ていきましょう。

肝臓で解毒を行う

Detox
オルニチンは有害物質であるアンモニアを
肝臓内で解毒する効果があります。

アンモニアの解毒が行われないと
エネルギー産生や貯蔵などの働きを
妨げることになります。

そうなると生命活動に悪影響が出るほか
代謝活動も悪くなりダイエットにも
悪影響を及ぼしてしまいます。

二日酔いの軽減

二日酔い
アルコールが体内に多く入ると
肝臓の解毒作用がうまく働かずに
二日酔いを招きます。

この時にアセドアルデヒドという物質を作り
これを分解しきれないことが
二日酔いの原因です。

これには毒性が強いため吐き気やめまい
といった二日酔い症状を発症します。

オルニチンにより肝機能を高めることで
アセドアルデヒドの分解を促進することで
二日酔いの軽減や予防にもなります。

疲労回復効果

Get, Up
オルニチンによってアンモニアの
解毒作用を高め素早い解毒により
疲労の回復に努めれます。

またエネルギー代謝も良くなることで
各組織をしっかり機能できることで
疲労の回復を促すことが出来ます。

美容効果

Salon
肝臓に有害物質であるアンモニアを
長く留めることは体にとって毒であり
また新陳代謝などの古きものを
新しいものに変える力も弱まります。

オルニチンにより解毒作用を高めて
それらの働きを効率よく促し
肌をはじめとする美容の面でも
良い働きを行います。

コレステロールの量を調整

Cholesterol, Fat
肝臓にはコレステロールの量を
調整する働きがあります。

例えば食事からコレステロールを
多く摂った場合には
肝臓からの合成を少なくします。

逆に食事などからコレステロールを
あまり摂れなかった場合には
肝臓からの合成を多くします。

このように肝臓にはコレステロールの
調整を行いますが肝機能の低下によって
これらをうまく行えなくなります。

オルニチンには肝機能を高める
働きがあるためコレステロールの量を
調整する働きを保つことが出来ます。

 

ダイエットとオルニチン

Diet
オルニチンには代謝活動を
正常に保つ働きがあります。

オルニチンが不足しエネルギー変換などの
代謝活動がうまく行わなければ
脂肪の燃焼もうまくできません。

またエネルギー不足を招き
筋肉を分解してエネルギーを補ったりします。

筋肉量の低下は基礎代謝などの低下になり
ダイエットやボディメイクには良くないです。

またオルニチンには成長ホルモンの
分泌を促す効果もあります。

成長ホルモンには脂肪燃焼効果を高めたり
筋肉の合成を促したり
体作りにとても良いものです。

このようにオルニチンには
ダイエットとの関りがあります。

 

オルニチンサイクル

Over
オルニチンにはオルニチンサイクルという
働きがあります。

食べ物の分解や消化、ストレス、激しい運動
などによって発生する有害物質である
アンモニアを効率よく巡って行います

この代謝回路をオルニチンサイクルと言います。

オルニチンサイクル
①オルニチンが肝臓内のアンモニアを解毒
②アンモニアを無毒な尿素として体外に排出
③解毒で使われたオルニチンが肝臓内に戻る
④これらを繰り返す

またオルニチンサイクルのほかに
TCAサイクルというものもあります。

これは肝細胞内にある
ミトコンドリアでの代謝回路です。
エネルギー産生(ATP)に必要な回路です。

アンモニアにはこのTCAサイクルを
阻害し環境を悪化させます。

オルニチンはこのTCAサイクルにも
良い働きかけを行っています。

 

オルニチンの摂取方法

Supplement
オルニチンは成人で1日に
400mg~1,000mgの摂取が目安です。
食品から摂るとなればしじみがオススメです。

食品の中でオルニチン含有量が
飛びぬけて多いです。
100gあたり10~15mgです。
個数にすると約35個です。

ですが食品だけで目安量を摂取することは
なかなか難しいです。

サプリメントを一緒に使うと
オルニチンをしっかりと摂取できます。

ただ過剰摂取は下痢や腹痛などを
招く恐れもあるため注意が必要です。

オルニチンは体内にも存在するため
必ずしも目安量を摂らなければ
いけないということではありません。

オルニチンの摂取のタイミングですが
目的によって選びましょう。

二日酔いには飲酒前や飲酒後

ダイエットやボディメイクには運動前

美容効果には就寝2~3時間前

疲労回復にも就寝2~3時間前

これがタイミングとしては望ましいです。
これらが難しければ
お好きなタイミングでも構いません。

 

まとめ

Clams
オルニチンに二日酔いを解消ということ以外にも
肝機能を正常に保ちエネルギー産生や
代謝などの生命にも関わる
とても重要な働きがありました。

またダイエットやボディメイク
美容効果や健康効果など
体にとって良いことが多いのも特徴です。

食品ではしじみに多く含まれますが
目安量の摂取はなかなか難しいため
サプリメントなども併せると
より効果的に摂取が出来そうですね♪

★Let’s Shape Up★

スポンサーリンク

-栄養素


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三大栄養素

三大栄養素のバランス、PFCバランスを知ってますか?

今回は三大栄養素である たんぱく質(Protein) 脂質(Fat) 炭水化物(Carbohydrate) これらのバランスを見直し 健康的にダイエットに繋げるための 記事を書いていきます。 では早速 …

Sesame

ごまの成分セサミンとは?セサミンが若さを保つ!?

今回はごまの成分であるセサミンについて 記事にしていきます。 このセサミンはサプリメントのテレビCMでも おなじみで良く耳にするワードだと思います。 体に良いことは分かっているけど 実際にはどんな効果 …

Tuna

EPAとは?EPAを知り、健康な体になろう!

今回はEPAについて記事にしていきます。 EPAという言葉はよくDHAと並べられます。 ですので良く耳にし 体に良いことは知っているけど 実際にどんな効果があり 何が体に良いのかというところまで 知っ …

Caffeine

カフェインのメリットとデメリット!効果と副作用を知り、正しくカフェインを摂取しよう!

今回はカフェインについて記事にしていきます。 カフェインと言えばコーヒーなどに含まれる成分です。眠気覚ましにカフェインを摂るという方は居るのではないでしょうか? その反面眠りにつけなくなるから控えると …

グリコーゲンとは?筋肉のエネルギー源となる!?

今回はグリコーゲンについて記事にしていきます。 筋トレを行っている方などはグリコーゲンという言葉を耳にすることも多いかと思います。このグリコーゲンは私たちの体のエネルギー源でもあり、筋トレを行う際には …

BBB(トリプルビー)サプリメント

BBB(トリプルビー)サプリメント

大人のカロリミット

大人のカロリミット
BBB(トリプルビー)サプリメント
大人のカロリミット