ダイエット★ボディメイク

夏は涼しいプールで有酸素運動!水泳でダイエット♪

投稿日:2017年8月17日 更新日:

Swimming

今回は夏にオススメの
有酸素運動を紹介していきます。

暑い夏に外でウォーキングなどは
どうも気が引けますよね。

日に焼けるし、熱中症にもなるし
また突然の雨なんてことも…
そんなことは一切気にせずに
涼しみながら気持ちよく行える
有酸素運動が水泳になります。

気持ちよくプールに浸かり
またダイエットにも効果的です。

そんな有酸素運動の水泳を
見ていきましょう。

水泳での有酸素運動とは?

Swimming

水泳での有酸素運動とは
クロールをしたり、平泳ぎをしたり
水中ウォーキングをしたりして
プールの中で運動することです。

有酸素運動というものは
酸素を取り込み脂肪と結びつけることで
エネルギーに変えて脂肪燃焼
促していくことになります。

ですがこれらの運動が激しくなると
この効果が得られません。

負荷は高負荷にならずに
息が上がらないように行うことが
重要になってきます。

また長時間行い続けれることも
ポイントになります。

 

水泳のメリット

水泳を行うことでメリットがあります。
それぞれ見ていきましょう。

消費カロリーが高い

Swimming

有酸素運動の中でも
水泳は消費カロリーが高いです。

例えば体重60kgの人が
1時間クロールをした場合
500kcal前後消費します。

これが平泳ぎの場合だと
350kcal前後になります。

有酸素運動で脂肪燃焼を行いながら
消費カロリーが稼げるのは
とても効率が良いです。

筋トレにもなる

Muscle

水泳では体全身の筋肉を使います。
また体幹を安定させて運動するため
インナーマッスルも刺激されます。

有酸素運動での水泳で使う筋肉は
遅筋と呼ばれる持久筋になる為
太くなることはありません。

体を引き締める効果があります。

ただ痩せるだけでは美ボディとは
言えません。

筋肉を鍛えボディラインを作ることで
美ボディが手に入ります。

心肺機能の強化

Run

水泳の独特な呼吸法には
心肺機能を高める効果が高いです。

心肺機能の強化とは
肺に酸素を取り込む量が増えます。

そうすることで長時間動いても
疲れにくかったりバテにくくなります。

また心肺機能が高まれば
有酸素運動の強度を
高めても息が上がらなくなるので
その分の消費カロリーを
より稼ぐことが出来ます。

冷え性やむくみの改善

寒い

水泳では泳ぐときには
足の高さが心臓と同じくらいの
高さまで上がります。

これは心臓から送られた血液が
また心臓に帰ってきやすくなります。

それに加え足を動かして泳ぎますので
足の筋肉がポンプの役割を果たし
更に血液がめぐります。

これらが血液循環を良くし
冷え性やむくみの改善
効果を発揮します。

肩こりの解消

肩

水泳では肩回りを多く動かします。
肩回りを動かす事で血行が良くなり
肩こりの解消に効果的です。

また肩回りの血行が良くなれば
老廃物が流されて新陳代謝などの
代謝機能も促進されます。

特にオススメの泳ぎ方は
クロールが効果的です。

リラックス効果

Physical

水の上でぷかぷかと浮かぶことには
リラックス効果があります。

私たち人間はお母さんの体内で
羊水という水分の中で育ちます。

またお母さんが歩いたりすることで
ゆらゆら揺れます。

その状態がプールの上でぷかぷかと
浮かんでいる状態と似ているのです。

これが潜在意識の中で
リラックス効果を生んでいるのです。

泳ぎ疲れた後はぷかぷか浮かぶと
その日の夜もぐっすり眠れそうですね。

膝、腰が弱い方でもできる

膝

膝や腰が弱い方がウォーキングや
ランニングなどの運動を行うと
その衝撃がもろに受けます。

それでまた症状が悪化する
なんてことも良くあります。

ですがプールでは浮力や水圧がある為
それらの衝撃がとても少ないです

ただし激しくバタフライやクロールなど
行うと負担はありますので
不安な方は水中ウォーキングを
行うようにしましょう。

年中気持ちよく行える

Swimming, Pool

プールは夏は涼しく気持ちよく
冬は暖かく気持ちよく
という風に泳ぐことが出来ます。

特に夏場は炎天下のなか
運動を行うのは気が引けますし
熱中症リスクも高まります。

日焼けするのも嫌ですよね。

今では屋内で温度管理をされた
プールが主流になってきてますので
年中気持ちよくプールで
泳ぐことが出来ます。

 

水泳の効果的なやり方

Swimming, Pool

水泳で有酸素う運動といっても
泳ぐのが苦手な方から得意な方まで
さまざまだと思います。

まずは大前提として
息が上がりきらないというのと
動き続けれるというのを意識しましょう。

25m泳ぐだけで息が上がるという方は
まずは水中ウォーキングから始め
慣れてきたら10m泳いでまた歩く
というように少しずつ
泳ぎを入れていきます。

泳ぐのが得意な方は初めから
クロールなどで泳いで構いません。

ただ上手な方も色んな泳ぎ方を行い
全身の違う筋肉も使ってあげましょう。

そしてあまり距離や本数は
こだわらなくて良いです。

有酸素運動は30分以上行うと
より効果的ですので
時間を目安に行いましょう。

 

水泳での有酸素運動まとめ

Swimming,, Pool

水泳は有酸素運動としての
効果はもちろんの他
心肺機能や血行を促進したり
リラックス効果もあったりと
健康面でもたくさんの効果を
発揮してくれます。

夏だけの間はプールで有酸素運動など
その季節ごとに楽しめる運動としても
刺激が変わることによっての
モチベーションも保てますので
水泳での有酸素運動も
チャレンジしてみてはいかがですか?

★Let’s Shape Up★

スポンサーリンク

-ダイエット★ボディメイク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Sleep

ダイエットと睡眠の関係とは!?深い関わりがあった!

今回はダイエットと睡眠の関係を 記事にしていきます。 ダイエットと睡眠は縁のない関係と 思えば決してそのようなことはありません。 睡眠不足がもたらすダイエットとの関係は 世界各所で明らかになってきてい …

【スローステップダイエット】昇降台を使った昇り降り運動でダイエット!?

今回はスローステップダイエットについて記事にしていきます。 ダイエットを行う際には運動を取り入れると効果的にダイエットができます。 しかし今まで運動を行っていなかった方が急に運動をしたり、日々続けてい …

ご飯

冷えたご飯がダイエット効果を生む!?冷やご飯ダイエットとは?

今回は冷やご飯ダイエットについて記事にしていきます。 私たちは普段温かいご飯を食べて居るかたが多いと思います。 しかしその温かいご飯をやめて、冷やご飯にすることでダイエット効果があります。 このダイエ …

【野菜ジュースダイエット】野菜ジュースのダイエット効果ややり方とは?

今回は野菜ジュースダイエットについて記事にしていきます。 野菜ジュースは野菜不足の方や健康を気にする方には嬉しい商品ではないでしょうか? 今ではスーパーやコンビニに行けば必ずありますし、価格も野菜を食 …

【呼吸法ダイエット】呼吸法を変えるだけで気になるお腹もスッキリできる?

今回は呼吸法ダイエットについて記事にしていきます。 私たちは生きていく上で呼吸が欠かせません。普段は何気なく無意識で行っていますが、その呼吸法を意識して変えるだけでダイエット効果が期待できます。また呼 …

BBB(トリプルビー)サプリメント

BBB(トリプルビー)サプリメント

大人のカロリミット

大人のカロリミット
BBB(トリプルビー)サプリメント
大人のカロリミット