トレーニング種目

インターバルトレーニングとは?タイム短縮に効果的!?

投稿日:

今回はインターバルトレーニングについて記事にしていきます。

インターバルトレーニングという言葉を耳にしたことはあるでしょうか?
インターバルトレーニングは良くランニングや、陸上競技を行っている方に行われるトレーニングです。

そのインターバルトレーニングには短期間で効率的なトレーニングによって、体力やスピードが向上します。

そんなインターバルトレーニングについて詳しく見ていきましょう。

インターバルトレーニングとは?

Quiz,question
インターバルトレーニングとは走るスピードを速くしたり、遅くしたりしながら走るトレーニング法です。

このインターバルトレーニングには体力やスピードを向上する効果があり、タイムの短縮にとても有効なトレーニングになります。

インターバルトレーニングは速く走ることで、瞬発力が高まりますし、まだ完全に回復していない状態で速く走ることで体力がつくからです。
また速く走ったあとは完全に休むのではなく、ゆっくりとしたペースで走ることも体力を高めるポイントでもあります。

瞬発力を高めたい方や、体力を向上したい方、タイムを短縮したい方にインターバルトレーニングはオススメです。

その他にもインターバルトレーニングは他のスポーツやトレーニングにおいてもインターバルトレーニングは存在します。

 

インターバルトレーニングの効果


インターバルトレーニングでは高負荷と低負荷を繰り返し行うトレーニング法であり、無酸素運動になります。

無酸素運動とはエネルギーの産出に酸素を必要としない運動であり、高強度の筋トレやダッシュなどの運動をいいます。
この無酸素運動の効果には筋肉の発達や筋力の向上などによって、瞬発力やスピードが高まります。

そしてインターバルトレーニングはただ速く走ることを繰り返すものではなく、その間にはゆっくりとしたペースで走ります。

このゆっくりとしたペースでも走り続けることで、完全回復を防ぎ、心拍数を高めた状態を維持できます。
心拍数を高めたまま繰り返し速く走ることを繰り返すことで、心肺機能が向上して体力アップに繋がります。

このようにインターバルトレーニングにはスピードと体力を高めることで、結果としてタイムを短縮する効果があります。

 

インターバルトレーニングのやり方


インターバルトレーニングは簡単に言えば、速く走ると遅く走るを繰り返します。

速く走る時は全力疾走の80%~100%の力で走り、遅く走るときは10~20%もしくはジョギングを行います。

インターバルトレーニングを行う際は基準を設けることで、効果的にトレーニングの明確化も行えます。

時間を基準にする

時間を基準にしたインターバルトレーニングは、タイマー付きの時計やストップウォッチを利用します。1分~3分おきを目安にタイマーをセットして、そのアラームが鳴ったら速く走り、次のタイマーで遅く走るを繰り返します。

距離を基準にする

グラウンドの端から端までや、電柱などの一定の距離を基準にインターベルトレーニングを行います。往復で走るようにして、行きは速く走り、帰りは遅く走るというやり方になります。

坂道を基準にする

坂道を基準にしたインターバルトレーニングでは、上り坂を速く走り、下りは遅く走ります。坂を往復して行っても良いですし、自由に街をランニングして上り坂が来た時は速く走るというやり方でもオッケーです。

 

インターバルトレーニングの注意点

Cautionインターベルトレーニングはスピードや体力を向上して、タイムの短縮などの効果がありました。

ただこのインターバルトレーニングはややハードなトレーニングでもあります。
そのためランニング初心者や、一定のペースで走るランニングに慣れていない方などが行うとケガや体調不良を招くこともあります。

また疲労も溜まりやすいものでもあるため、週に2、3回程度にしてオーバーワークにも注意しましょう。

 

インターバルトレーニングまとめ


インターバルトレーニングはスピードと体力の向上というWの効果が発揮されました。
それは結果としてタイムの短縮に繋がります。
短期間でもその効果は実感されるので、もうひと段階上のレベルを目指す方はぜひ行ってみてください。

スポンサーリンク

-トレーニング種目


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Arm, Curl

ダンベルアームカールのやり方!基本・効果・注意点

今回はダンベルアームカールの やり方をまとめます。 正しいやり方を知り 効果を最大限に引き出し また基本を知ることで レベルを上げたトレーニングへ応用します。 さあ!ここでダンベルアームカールを マス …

ショルダープレス(マシン)のやり方!基本・効果・注意点

今回はショルダープレス(マシン)のやり方について紹介します。 正しいやり方を知り効果を最大限に引き出したり、基本を知ることでワンランク上のトレーニングへも応用ができます。 そんなショルダープレスのやり …

インクラインダンベルプレス

インクラインダンベルプレスのやり方!基本・効果・注意点

今回はインクラインダンベルプレス のやり方をまとめます。 正しいやり方を知り 効果を最大限に引き出し また基本を知ることで レベルを上げたトレーニングへ応用します。 さあ!ここでインクラインダンベルプ …

チェストプレス1

チェストプレスのやり方!基本・効果・注意点

今回はチェストプレスのやり方をまとめます。 正しいやり方を知り 効果を最大限に引き出し また基本を知ることで レベルを上げたトレーニングへ応用します。 さあ!ここでチェストプレスを マスターしましょう …

プッシュアップ3

腕立て伏せのやり方!(自重編)基本・効果・注意点

今回は腕立て伏せのやり方をまとめます。 正しいやり方を知り 効果を最大限に引き出し また基本を知ることで レベルを上げたトレーニングへ応用します。 さあ!ここで腕立て伏せ(自重)を マスターしましょう …

BBB(トリプルビー)サプリメント

BBB(トリプルビー)サプリメント

大人のカロリミット

大人のカロリミット
BBB(トリプルビー)サプリメント
大人のカロリミット