カラダの構造

からだを構成する、4大成分の体水分・タンパク質・骨量・体脂肪量について知っていますか?【体水分】part1~体水分とはなどについて~

投稿日:2017年5月14日 更新日:

water drink

スポンサーリンク

今回は私たち自身を構成している
からだの内部的なところにスポットライトを
当てていきたいと思います。

みなさんは知っていますか?
からだの4大成分について(#^^#)
この4大成分というものは

・体水分
・タンパク質
・骨量
・体脂肪量
この4つから構成されています。

こうやってみると意外にも、聞きなれた言葉が
多いのではないでしょうか?!(^^)!

ではここからこの4大成分の
体水分について
深堀りしていきましょう!

からだの多くを占めています!体水分♪潤いは足りてますかー?

まずは体水分についてです。

体水分というのは体の中に溜め込んでいる
水分量のことです。

これらの水分には
血液や体液が主になっています。

この血液や体液が生命維持には
欠かせない役割を担っています。

スポンサーリンク

栄養素などを体に巡らせる

摂取した栄養や酸素などを
血液の流れにのせて
からだ中に巡らせています。

老廃物の回収、排出

からだの中からでてきた老廃物を
血液や体液にのせ回収し
尿として排出します。

体温調整

体温の上昇を汗の放出により
下げる役割があります。

汗をかいたらこまめな水分補給も
大切です。(#^^#)

体水分の割合

そしてみなさんご存知ですか?
人のからだに占める体水分の割合を♪

実はこれ男性と女性で差が出てきます。
筋肉は水分を保留しやすいことから
筋肉量の多い男性は
女性に比べ5%ほど高くなります。

そして、年齢によっても
この体水分量が変わってくるのです!!

簡単に説明していきましょう。

体水分が多い順に
・赤ちゃん・・・約80%
・小学生・・・約65%
・成人男性・・・約60%
・成人女性・・・約55%
・65歳以上・・・約50~55%

体水分が不足すると

そしてこの体水分が不足すると
からだの様々な機能が働かなくなり
重大な病気などになることもあります。

普段から意識的に
水分補給を心掛けましょう。

またこの水分不足はダイエットにも
影響を及ぼします。

これは筋肉量の減少、劣化です。
先ほどもお話ししましたが
筋肉は水分を保留してくれる
大切な役割もあります。

普段は水分で潤っている状態の筋肉ですが
これが水分不足におちいってくると
筋肉量の減少、劣化を招きます。

ここで想像してください。
お刺身と、干物です。
ああ、おなかが空いてきましたね(#^^#)
っておいおい…
つい脱線しそうでした( ゚Д゚)(笑)

筋肉内に水分で潤っている状態が
お刺身です。潤いがあり、弾力もあり
新鮮ですよね!!

それに対し、筋肉内の水分量が
なくなってきた状態が
干物の状態です。

からっからで、硬くて
弾力などはありませんね…
これが筋肉の減少と劣化
原因なのです。

そして筋肉だけでなく
皮膚なども同じように劣化しますので
しっかりと水分量を保ってあげることが
大切なことだとご理解できると思います。

今回はここまで!
次回は体水分についての続きを
お話していきます。
それでは~(#^^#)

Let‘s Shape Up☆

スポンサーリンク

-カラダの構造
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Cells

褐色脂肪細胞とは?活性化させることで脂肪燃焼効果アリ!?

スポンサーリンク 今回は最近テレビやメディアでも良く耳にする褐色脂肪細胞について記事にしていきます。 痩せやすい人と太りやすい人の差は、この褐色脂肪細胞の量や活性具合が関係するとも言われます。そんな褐 …

Drink, Water

水中毒とは?水の飲み過ぎが危険で、最悪は死を招く!?

スポンサーリンク 今回は水中毒について記事にしていきます。 水中毒という言葉を最近聞くようになった方も多いと思います。 夏場には熱中症対策も必要ですが、この水中毒対策も必要です。 水中毒になると熱中症 …

Nurse

運動時のケガには応急処置を!RICE処置とは?

スポンサーリンク 今回は運動時やトレーニング時に起こりうるケガの処置のRICE処置について記事にしていきます。 体を動かして運動したり、トレーニングをしたりしているとケガはつきものというくらい、切って …

Sleep

睡眠とは?睡眠の必要性について

スポンサーリンク 今回は睡眠について記事にしていきます。 最近疲れがとりなかったり、体調が優れないなんてことはありませんか? それは睡眠不足が原因かもしれません。 仕事に追われながらもプライベートは充 …

ペットボトル症候群とは?糖尿病や糖尿病予備軍の方は要注意!

スポンサーリンク 今回はペットボトル症候群について記事にしていきます。 ペットボトル症候群というものを始めて耳にした方も多いのではないでしょうか? あまり名前からどのようなものなのか想像しにくいですが …

BBB(トリプルビー)サプリメント

BBB(トリプルビー)サプリメント

大人のカロリミット

大人のカロリミット
BBB(トリプルビー)サプリメント
大人のカロリミット