カラダの構造

乾燥からくるトラブルにはビタミンAが有効!?

投稿日:

dry

今回は乾燥することで伴う肌トラブルや体調不良などには、ビタミンAが有効ということを紹介していきます。

秋から冬の時期には乾燥した日々が続いたり、自宅などでは暖房器具により乾燥する。という方も多いのではないでしょうか?

そんな時は加湿という方法も有効ですが、今回は体の内側から対策を行っていきます。では早速見ていきましょう。

乾燥が招くトラブル

trouble
乾燥することによって招くトラブルがこちらです。

乾燥肌
・ドライアイ
・ウイルス(風邪、インフルエンザなど)
・のどが痛い
・ドライノーズ
などです。

これらは乾燥することで誘発されます。またどれか1つだけで終われば良いのですが、乾燥すると全てにおいてリスクを高めます。

最近では男性の乾燥肌の方が増えてきています。

がカサカサしてかゆくなったり、あかぎれなどもあります。これは肌だけでなく、目の乾燥のドライアイや、あまり知られていませんが、鼻の乾燥ドライノーズも引き起こします。

ドライノーズとは鼻の粘膜などが乾燥して、鼻の中の皮膚が割れたり、かさぶたが出来るようになるものです。

また乾燥するとウイルスが繁殖しやすくなります。これによって冬場では風邪やインフルエンザをはじめとする感染症に、かかりやすくなってしまいます。

乾燥とは私たちの体にとって良いことはほとんんどありません。これらに対策を講じていかなくてはなりません。

 

ビタミンAが守る

vitamin a
では乾燥から身を守らなくてはなりません。そこで多くの方は加湿することを思いつくのではないでしょうか?もちろん加湿はとても重要です。

しかし今回は体の内側から身を守ります。しかもその守り方は加湿という概念ではなく、細胞や粘膜を健康に保つというアプローチになります。

そこで活躍するのがビタミンAです。

ビタミンAには細胞や粘膜、網膜の状態を健康に保ち、それらの成長を促す役割があります。

乾燥トラブルのもう一つの原因はこれらの組織が弱まることです。組織をしっかりと守ることで、乾燥トラブルから身を守ることができます。

ビタミンAについて詳しくはこちら♪
細胞や網膜、遺伝子に働くビタミンAとは?

 

ビタミンAの摂取方法

食べる
ビタミンAは食事によって摂取が出来ます。

多く含まれる食材にはにんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜や、レバーやうなぎ、卵黄、バターなどがあります。これらを意識的に摂りましょう。

また植物性から摂取できるビタミンAには抗酸化作用があるため、美容の面でも嬉しいです。

この他にはサプリメントによる摂取も出来ます。ただしビタミンAは過剰摂取によって、頭痛や胎児奇形、遺伝子に悪影響などを引き起こします。

成人の方では1日の許容上限量が2,700μgと言われています。食品から摂取していく分には体内で必要量だけがビタミンAの働きを行ってくれますが、サプリメントでは過剰摂取が懸念されますので注意が必要です。

そのほかに妊婦の方や妊娠された方は、ビタミンAの過剰摂取は気を付けましょう。

そしてビタミンAは脂溶性ビタミンと言います。これは油脂に溶けやすいということです。

その為生で食べたり煮物にするよりも、炒めたり揚げたりした方が効率よくビタミンAを摂取できます。

【最大P8倍以上+400pt開催】【DHC直販サプリメント】天然β(ベータ)―カロテンをニンジンの約数百倍も含有するといわれるデュナリエラカロテンを配合 天然ビタミンA 30日分

価格:1,576円
(2017/11/15 16:36時点)
感想(49件)

その他の乾燥対策


ビタミンAによる体の内側から守る以外の乾燥対策を紹介します。

代表的なものがやはり加湿です。湿度を高めることで乾燥対策が出来ます。

またマスクも有効です。外などでは加湿器などを使うことが出来ません。どうしても乾燥した状態で過ごさなければなりません。そこで活躍するものがマスクです。

マスクで鼻や口の呼吸器を覆うことで、呼気に含まれる水分をマスク内で留め、その空気をまた吸うため潤いが続きます。

本来はウイルスなどを体内に入れないという目的ですが、乾燥からも身を守るものにもなります。

その他では化粧水やクリームなどのコスメによって、乾燥から身を守る方法もあります。

 

まとめ


寒くなるにつれ乾燥トラブルで悩まされている方は非常に多いです。乾燥は私たちの体を弱めます。それはダイエットやボディメイクにも影響します。

筋肉にも潤いはとても大切ですし、健康にベストな状態で行うことが、最も良い効果や結果を生みます。

そして乾燥対策を体の内側から行うことも大切です。ビタミンAを摂取して乾燥に負けない体を作りましょう。

★Let’s Shape Up★

スポンサーリンク

-カラダの構造


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Beauty, Happy

セロトニンとは?幸せホルモンと呼ばれる理由やその効果とは?

今回はセロトニンについて記事にしていきます。 私たちの心や感情、精神はこのセロトニンが大きく関わります。 あまり聞きなれない言葉のセロトニンですが、体にとってとても重要な役割を果たしているものです。 …

Drink, Water

水中毒とは?水の飲み過ぎが危険で、最悪は死を招く!?

今回は水中毒について記事にしていきます。 水中毒という言葉を最近聞くようになった方も多いと思います。 夏場には熱中症対策も必要ですが、この水中毒対策も必要です。 水中毒になると熱中症と同じような症状で …

Water Drink

からだを構成する、4大成分の体水分・タンパク質・骨量・体脂肪量について知っていますか?【体水分】part2~水分補給などについて~

前回part1では体水分とはから 体水分が担う役割などについて お話しました。 体水分がなにかというところは つかんでいただけましたか? さあ♪では今回part2最終章では 水分の取り方やタイミング …

Nurse

運動時のケガには応急処置を!RICE処置とは?

今回は運動時やトレーニング時に起こりうるケガの処置のRICE処置について記事にしていきます。 体を動かして運動したり、トレーニングをしたりしているとケガはつきものというくらい、切っても切り離せない存在 …

Adrenalin

アドレナリンとは?よく耳にするけどアドレナリンって何!?

今回はスポーツなどを観戦していたりすると よく耳にするアドレナリンについて記事にします。 アドレナリンという言葉は耳にするけど 実際のところどんなものでどんな効果があるか? というところまではあまり知 …

BBB(トリプルビー)サプリメント

BBB(トリプルビー)サプリメント

大人のカロリミット

大人のカロリミット
BBB(トリプルビー)サプリメント
大人のカロリミット