ダイエット★ボディメイク

BMIとは?BMIで自分の体型を知ろう!

投稿日:2017年8月11日 更新日:

Body, Mass

スポンサーリンク

今回はBMIを使い
自分の体型を知っていきましょう。

またこのBMIは世界共通の指標です。
今の自分の姿の目安が知れます。

またこのBMIは健康を示すための
1つの指標にもなりますので
しっかり覚えていきましょう。

BMIとは?

?

BMIとはボディ・マス・インデックスの
略称です。

自身の体型
太っているのか痩せているのか
という指標になります。

また健康指数としても用いられます。

このBMIは1994年に
WHO(世界保健機構)にて定められた
世界共通の指標であり
国際的にも用いられています。

 

BMIの計算方法

Mass

BMIを求めるには
身長と体重を用います。
計算式は以下のとおりです。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

例えば体重50kgで身長155cmの人は
50÷1.55÷1.55
=20.8

ということでBMI20.8になります。

身長の単位がメートルなので
そこだけ注意して計算しましょう。

 

BMI判定基準

Judge

BMIの計算式で求めた数字を基に
以下の基準と見比べてみましょう。

18.5未満    低体重(痩せ)
18.5~25未満 普通体型
25~30未満  肥満(1度)
30~35未満  肥満(2度)
35~40未満  肥満(3度)
40以上     肥満(4度)

これらの判定基準は
日本肥満学会が定めたものになります。

WHOの判定基準では
30以上が肥満です。

健康との関わり
BMIは体型判定の他に
健康指数として用いられることがあります。

といいますのも
BMIの数字が22になる時が
1番有病率が低い
データで判明されています。

病気にかかりにくいということです。

BMIが25以上になってきますと
高血圧や動脈硬化や糖尿病などの
生活習慣病リスクが高まります。

30を超えてくるとより危険度が増します。
真剣に体の事を考えるのが良いでしょう。

また18.5未満の痩せの方も
病気のリスクは高まります。

痩せすぎは女性ホルモンの
バランスを乱します。

また血行不良や肌トラブル
免疫力の低下などから
がんのリスクも高まります。
その他2型の糖尿病にもなりやすいです。

こういったことから22という数値が
1番病気リスクが少ないです。

スポンサーリンク

 

標準体重・健康体重を求める

Body, Weight

BMIの求め方はもう分かりましたか?

では次は標準体重・健康体重
求め方を紹介します。

標準体重・健康体重(kg)=
身長(m)×身長(m)×22

これで求めれます。

例えば身長が155cmの方だと
1.55×1.55×22
=52.8kg

ということで標準体重・健康体重は
52.8kgになります。

これで体重をどれだけ減らすのか?
どれだけ増やすのか?
という目安を作ることが出来ます。

 

BMIの欠点

Bad

BMIでは一概に太っているという
判断を下すことはできません。

といいますのも
BMIは体重を基にして計算してます。

これは筋肉量が多い人
体重が重くなります。

脂肪は少なく筋肉が多いという
アスリートやボディビルダー
という方たちは太っていなくても
BMIが高くなってしますからです。

また若い人では体水分量も多い為
高齢者に比べ数値も高くなります。

BMIというものは老若男女問わず
まとめて指標にしている為
ある程度の目安でしかありません。

そこの所だけは理解しておきましょう。

肥満度に関しては
このBMIと体脂肪率を併せて判断すると
より正確な判断がくだせます。

ただしBMI22が有病率が1番低い
ということには変わりはありません。

 

BMIまとめ

Body, Perfect

BMIは体型を知ることに便利な
世界基準の指標になりました。

また健康な体作りにする為の
目安にもなりますので
是非知っておいてください。

太りすぎも痩せすぎも良くない
それがBMIでした。

★Let’s Shape Up★

スポンサーリンク

-ダイエット★ボディメイク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【炭水化物サイクル】低糖質と高糖質を交互にすることでダイエットができる!?

スポンサーリンク 今回は炭水化物サイクルについて記事にしていきます。 炭水化物はダイエット中には我慢されがちですが、ついつい食べてしまうものでもあります。私たちの主食でもありますし、美味しいものには炭 …

Cucumber

きゅうりを食べるだけで痩せる!?きゅうりダイエットのやり方や効果とは?

スポンサーリンク 今回は食事の前にきゅうりを食べるだけというきゅうりダイエットについて記事にしていきます。 きゅうりと聞くと栄養価の少ない野菜と思う方も多いのではないでしょうか? しかしきゅうりには栄 …

ソイジャーキーが大豆たんぱく質が摂れて、ダイエット中のおつまみに良い!?

今回はソイジャーキーについて記事にしていきます。 ソイジャーキーはその名の通り大豆から作られたジャーキーです。 ビーフジャーキーのような見た目と味わいの商品です。 ジャーキーは良くおつまみとして食べら …

【舞茸ダイエット】舞茸だけが持つダイエット効果を発揮する成分が凄い!?

スポンサーリンク 今回は舞茸ダイエットについて記事にしていきます。 舞茸ダイエットは以前テレビ番組で紹介され、多くの芸能人もこの舞茸ダイエットを成功させてきました。舞茸ダイエットは舞茸にしかない、ダイ …

スイカ

夏の風物詩スイカが凄い!スイカでパフォーマンスUP!

スポンサーリンク 今回は夏の風物詩である スイカが凄いので記事にしていきます。 夏と言えば食べたくなるのが やはりスイカではないでしょうか? スイカは夏の風物詩というだけでなく トレーニングパフォーマ …

BBB(トリプルビー)サプリメント

BBB(トリプルビー)サプリメント

大人のカロリミット

大人のカロリミット
BBB(トリプルビー)サプリメント
大人のカロリミット