筋トレ

筋トレするならスクワットがおすすめ♪

投稿日:2017年5月19日 更新日:

今回は筋トレの種目の
スクワットについて
お話していきます。

ダイエットを始めるにあたり
運動をしようと考えます。

ウォーキングにはもう
触れたので、歩くことはもう
できますよね(#^^#)

ですが筋トレって何を
すればいいのだろ?
そのような疑問に
今回はお答えしていきます!

筋トレってなにをすればいいの?

まずこれからダイエットを
始める方などは
筋トレ初心者も多いと
思います。

そんな方にも
筋トレやってるよ
って方にもオススメなのが
スクワットです♪

Good

なぜスクワットがいいの?

スクワットで鍛えていける
筋肉は下半身です。

主に太もも、お尻の筋肉
動かしていきます。

そして細かな
下半身の筋肉も
動員できます。

また姿勢を保つために
体幹部も鍛えることができる
筋トレの王様のような
種目なんです。

King

それに加え
下半身の筋肉量
からだの大部分を占めます。

大きな筋肉を動かすこと
筋肉量の増加
大きく期待できます。

そうすると
基礎代謝量も上がり
痩せやすいからだ作り
ができるのです♪

そして下半身は第二の心臓と
言われています!!

heartスクワットを行い
下半身の筋肉を
動かすことにより
心臓と同じポンプの役割
果たしてくれます♪

そうすることによって
血行促進、冷え性改善
足のむくみの解消
なにより
生活習慣病予防などにも
効果的なんです。

 

スクワットのやり方

squat

SET UP
1.足幅は腰幅で立つ
2.膝つま先はまっすぐ正面
3.手は腰に置く

MOVE
1.椅子に腰かけるように
2.を前に出さない
3.お尻を後ろにひきながら
4.を折らない
5.を張る
6.太ももが床と平行まで
7.戻す
繰り返し

注意点
・運動中も膝とつま先の
 向きはそろえる
膝が弱い人は小さく動く
・バランスとりにくい人は
 手を正面に伸ばしてやる

スクワット1解説
スクワットでよくある
悪い例が膝を痛めるです。

このようになる前に
しっかりとスクワット
フォームを意識しましょう。

まず腰を落としていった時に
膝が前に出ないよう
膝が前に行くことにより、
膝への負担が高まります。

つぎに、運動中に内また
ならないように。

これは女性に多いです。

内またになることも
気を付けましょう。

この2点がポイントです。

もし痛みがでる、膝が弱い
という方は、初めは小さく
動くところから
始めてみましょう(#^^#)

 

どのくらいの回数、速さ、頻度でやればいいの?

まず初めは15回1set♪
それを2.3set程やりましょう。

setの間の休憩時間
40秒です。

そしてリズムを2秒で下げて
2秒で上げるくらいで行います。

呼吸は止めずに
下げる時に吸い
上げる時に吐きましょう♪

もし呼吸が難しければ
止めないようにだけ
お願いします。

頻度に関しては
できれば毎日行いましょう♪

このようにスクワットを
行っていけば
引き締まった下半身
筋肉量の増加
手に入れることができます。

まずは続けることを目標に
頑張ってみましょう(#^^#)

今回はスクワットについて
みていきましたー♪

Let‘s Shape Up☆

スポンサーリンク

-筋トレ
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Muscle

目的に合わせた筋トレができてますか?

みなさん調子は どうですかー?( *´艸`) 今回は目的に合わせた 筋トレについて お話していきますね。 みなさんは筋肉を どんな風に つけていきたいですか? 女性だと引き締めながらや お尻を上げたい …

筋トレ前には糖質を摂取する必要とは?

最近は筋トレを行いダイエットやボディメイクをする方が多くなりました。 筋肉は体を支えるだけではなく、美しいシルエットを形成したりと体作りに必要なものになりました。筋トレについては多くの方が行うようにな …

Gym, Machine

現役トレーナーが教える!ジムでオススメのマシンはどれ?

ジムに通っている方は どんなマシンを使っていますか? またそれはどこに効いて どんな効果があるのかを ご存知でしょうか? なんとなく使っている方や どれを使えばよくわからない というお悩みを 解消して …

筋トレってなんのために行うの?

Contents1 そもそも筋トレとは?2 筋トレは必要?3 筋トレをすればリバウンドが防げるの? そもそも筋トレとは? 筋トレとはそのまま 筋力トレーニングの略である。 筋肉量を増やしたい。 リハビ …

マグネシウムは筋肉の成長には欠かせない

今回はマグネシウムと筋肉の関係について記事にしていきます。 ミネラルのうちのひとつ、マグネシウムは筋肉とどのような関係があるのかについては、トレーニーの方でもあまり話に上がらないものだと思います。 マ …

BBB(トリプルビー)サプリメント

BBB(トリプルビー)サプリメント

大人のカロリミット

大人のカロリミット
BBB(トリプルビー)サプリメント
大人のカロリミット